CSFBPRCRMBSIなど、単語の頭文字をとった略語も多いビジネス用語は、知らない人には秘密の暗号に聞こえてしまうかも。「意味を知らないビジネス用語ランキング」では、1位は《CSF(Critical Success Factors)》、4位に《BPR(Business Process Reengineering)》など、アルファベットの略語が上位にきていました。多くの人が略語の用語を苦手としているようです。

 《CSF》や《CRM》、《CSR》など“C”で始まる三文字の用語や、《BPR》、《BSI》、《B2C》など“B”で始まる三文字の用語などは、紛らわしいことこの上なし。《CSR》は最近一般用語としての認知度も高まってきた言葉で、企業の社会的責任を意味し、日本でも多くの企業が《CSR》活動を行っています。例えば、チョコレートを販売している会社の《CSR》を見てみると、森永製菓では、日本の子どもへの感謝のために無人島探検ツアー工場見学を行っています。明治製菓が行っているのは、環境に配慮したパッケージ作りなどの環境を考えた活動。ロッテは、国際交流や教育の分野でもCSR活動を行っています。消費者や株主へのアピールにもなる《CSR》活動は、会社にとっての位置づけも重みを増しているようですね。その他《クラウドソーシング》、《バズマーケティング》、《ロングテール》などインターネット系のビジネスでよく使われる言葉も上位にランク・インしました。

 ビジネス環境の変化に伴って、使われるビジネス用語も増えていきます。知らない言葉ばかりで話の内容が全く分からなかった……というようなことにならないよう、新しい言葉には敏感でいるよう心がけましょう。