画面内に次々と出現する大量の敵キャラクターを斬って斬って斬りまくるそう快感バツグンの3Dアクションゲームといえばコーエーの「無双」シリーズ。2000年に『三国志』の世界をモチーフにした「真・三國無双」、2004年に戦国武将が登場する「戦国無双」の1作目が発売され、以降も数多くのシリーズ作品が登場しています。

 この「無双」シリーズには、アニメ『機動戦士ガンダム』とのコラボレーションから生まれた「ガンダム無双」という異色の作品が存在しますが、もし同様のコラボレーションをほかのアニメやコミックでするとしたら、はたしてどんな作品が良いのでしょうか?

 「やってみたい『○○無双」ランキング」で1位に選ばれたのは、人気コミック『北斗の拳』とのコラボレーション《北斗無双》でした。『北斗の拳』には主人公ケンシロウ以外にも、豪快な力技を得意とする兄・ラオウや華麗な動きで電光石火の斬撃を繰り出す南斗水鳥拳のレイなど個性的な拳法の使い手が多数登場するので、戦い方のバリエーションもいろいろと楽しめそうです。

 わずかな差で1位を逃したのは、『北斗の拳』同じ『少年ジャンプ』で連載されていた『ドラゴンボール』とのコラボレーション《ドラゴンボール無双》。「真・三國無双」や「戦国無双」は基本的に地上での戦いになりますが、『ドラゴンボール』は登場人物の多くが飛行能力を備えており、通常の「無双」シリーズとはひと味違う遊び方ができそうです。『少年ジャンプ』からはこのほかにも『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボレーション《ジョジョ無双》がランク・インしていますが、「無双」シリーズのシステムに「スタンド(幽波紋)」がどのようなかたちで採り入れられるのか、なかなか興味深いところです。

 「他社製ゲームの人気キャラクターとコラボレーションしたらおもしろそう!」と考える人から人気を集めたのは、任天堂の看板キャラクター、マリオが登場する《マリオ無双》。マリオが登場する3Dアクションタイプの作品はすでに何作も作られていますが、「無双」のシステムを採り入れることでゲーム性がどう変わるのかは想像もつきません。このほかにも迫り来るスライムをけ散らすのが楽しそうな《ドラクエ無双》や、ど派手な魔法を駆使したそう快なプレイが楽しめそうな《FF無双》など、想像するだけでワクワクするような「無双」がランク・インしました。