多くの男性が「秘密の花園」と聞いて頭に浮かべるものといえば、フランシス・ホジソン・バーネットの小説ではなく、つきあいはじめたばかりの彼女の部屋。自分や友人の家ではかいだことが無いような良い香りに包まれ、読みかけのコミックや飲みかけのペットボトルがどこにも見あたらない彼女の部屋は、男性にとって未知の世界です。知らない世界であればいろいろとチェックしたくなるのが人間のさが——。初めて訪れた彼女の部屋で世の男性の探求心(?)をくすぐるものとはいったい何なのでしょうか?

 「はじめて彼女の部屋に行ったときチェックしたいことランキング」の1位に選ばれたのは、《部屋全体の雰囲気》でした。部屋の雰囲気というのはその人のキャラクターが色濃く出るもの。部屋全体の色調や家具の配置を見るだけで、「彼女ってこんな人なのかも……」と想像をめぐらせてしまいます。

 2位には昨年のランキングで1位に選ばれた《部屋がどれくらい片付いているか》がランク・イン。このほかにも《キッチン廻りが片付いているか》、《トイレが掃除されているか》などが上位入りしており、男性はつきあっている女性がだらしないタイプなのかどうかというのがかなり気になるようです。

 思いのほか低い順位にとどまったのは、《昔の写真(アルバム)》や《男性の化粧品や小物が置いてないか》、《歯ブラシの本数》など、ほかの男性の存在を感じさせるアイテムのチェック。女性のランキングでは5位に《女性の化粧品や小物が置いてないか》がランク・インしていることを考えると、「自分以外につきあっている男なんているわけない!」とのんきに構えている男性は結構多いようです。トイレの便座をおろすかどうかで悩む余裕があるのなら、こうしたアイテムのチェックをさりげなくしておいた方が良いかもしれませんよ?