しよう、しようと思ってもなかなかできない貯金。それでもあなたが貯金をしようと思い立ったのはどんな時ですか? 「「貯金しなきゃ」と思ってしまう瞬間ランキング」では、1位は《家や車などの大きな買い物がしたくなったとき》、3位は《旅行に行きたいと思ったとき》でした。やはり、大きなお金を使おうとするときに貯金の大切さがわかるようです。

 《預金通帳の残高が少なくなったとき》や、《収入が減ったとき》など金銭面の不安を感じたときや、《怪我や病気をしたとき》や《子供の教育費がわかったとき》などお金が必要不可欠になったときも、みんなが貯金を考えるきっかけに。

 いつもしなければと思いつつ、なかなか思うように続かない貯金。そんな時に役立つのが、身近なところで私たちの貯金を応援してくれる貯金グッズです。なかでも貯金箱はユニークなものが多く、楽しくお金を貯めることができるように工夫されています。顔の形をしていてコインを差し出すと表情豊かに食べる貯金箱や、電車の車両の形でコインを入れると山手線のアナウンスが流れる貯金箱。世界各地のコラムを読みながら500円玉をはめこんでいける「貯金本」なる本型の貯金箱は、旅のために貯金を考えている人には最適かもしれません。最近では、『イケメンバンク』なる貯金箱も登場しました。液晶画面内で生活する5人のイケメンキャラから自分の好きなタイプを選べて、500円硬貨を投入する度にそのイケメンとの恋愛ストーリーが進行するというゲーム感覚の貯金箱です。ちなみに5日間貯金をサボるとイケメンが家出したり、イケメンからのおねだりもあるなど、貯金を続けたくなる仕組みが満載です。

 2009年も残すところあと3ヶ月。これからの3ヶ月はクリスマスに忘年会、大晦日と何かと出費のかさむシーズンではありますが、新たな年に向けて自分財政を見直す良いチャンス。みんながやっている「つもり貯金」や切羽詰まったときの節約ポイントなど、自分財政健全化のいろいろな策を知りたい人は、gooランキングの「 自分財政を見直そう」特集をぜひチェックしてみてくださいね。