職場の人間関係で自分にとって最も影響が大きいものといえば、やはり上司との関係。良い上司のもとで働けるかどうかというのは重要ですよね。部下が上司を選ぶことができない以上、「尊敬できる上司のもとで仕事をしたい」と思うのがあたりまえです。

 上司と部下の大きな違いは、やはり負うべき責任の重さ。責任ある立場にいる以上、部下に《責任転嫁しない》のは当然ですが、1位に選ばれたことを考えると、意外にもこれができていない上司が多いのかもしれません。また、重要なプロジェクトで壁にぶつかった時にそのまま進めるべきか撤退をするべきかなど、要所要所での的確は決断ができる《決断力がある》上司も、部下にとっては実に頼もしく映るようですね。

 上司が部下に対して行うものとして業績評価職務評価がありますが、評価の際に《正当に評価できる》ことも、尊敬できるかどうかのポイントのようです。また《偉ぶらない》や《人間的な魅力がある》など、「人間性が重要」という意見も目立ちました。いくら仕事ができる優れた上司でも、人間性に問題があっては確かに尊敬する気にはなれません。

 今回のランキングでは「尊敬できる上司」がテーマとなっていますが、上司もまた部下との関係によって多くのことを学び、成長していくもの。部下と上司がお互いを尊敬・信頼し、より質の高い仕事ができる職場になれば何よりですよね。