多くの人が人生で一度くらいは告白をしたこと、されたことがあるのではないでしょうか。覚悟を決めて臨んだ告白ほど、成功した時の喜びや断られてしまったときの悲しみは大きくなるもの。悲しい結果に終わった時ならなおさら、告白相手にして欲しくないことが誰しもあるはず。今回は「告白を断られた相手にして欲しくないことランキング」でフラれた相手にどのような態度や行動をとって欲しくないのかを調査しました。

 告白を断られた相手に一番して欲しくないことは《周りが気付く程の避ける態度》。昨日までは仲の良かった2人が、今日になって突然目も合わせずにお互いを避け始めたら、周りの人は「きっと何かあったに違いない」と感じるはず。《周りが気付く程の避ける態度》を取り続ければ、結果としてお互いの距離を必要以上に遠ざけてしまうことに。多少の気まずさはあるかもしれませんが、そこはお互い様と割り切って今まで通りの態度で接する「大人な対応」ができれば、その後の友達としての付き合いがうまくいく可能性も高まります。告白という大イベントを友達に報告したい気持ちもわかりますが、《共通の友人に話す》ことを嫌だと感じている人が多いこともお忘れなく。

 告白をされて今回はお断りをする結果になったしまった場合でも、相手を傷つけるような行動や態度はなるべく避けて、平静を装うように心がけた方が良い結果を招きそう。お互いに嫌な思いをしないように告白後の態度は十分に気をつけたいものですね。