気になる相手と、今よりもっと親しくなる重要な手段のひとつが携帯メール。メールの書き方ひとつで恋の行方が決まる、なんてことも少なくないかもしれません。そこで「こんなメールの内容は恋愛対象外!」というメールの内容を調査したところ、上位にランク・インしたのは《人の悪口を書いてくる》、《赤ちゃん言葉を使う》、《ギャル文字を使う》でした。

 《人の悪口を書いてくる》のは、友達だとしてもとても嫌なこと。それを気になる相手に送ってしまうというのはかなりのマイナスポイントで、当然恋愛対象からは外れる結果になるようです。《赤ちゃん言葉を使う》、《ギャル文字を使う》というのもやってはいけない失敗例。メールを受けた側からしてみれば、対応に困って返事をするのさえもおっくうになるかも。

 女性がもらって嬉しいメールは、読みやすくなるよう意識的に改行されていたり、文末に絵文字顔文字が入ってかわいいなど、細部に気を遣ってあるメール。逆に女性はメールが苦手な男性もいるということを踏まえ、手の込んだ「デコメール」や絵文字ばかりのメールなどは避け、内容も男性が返信したくなるようなメールを心がけるとよさそう。「どうもメールの返信率が悪い気がする…」なんて人は、メール上手な友達をみつけてメールを書くときのコツを聞くなど、「師匠」を見つけることが上達への近道かもしれません。恋愛の入口で威力を発揮するメールの作成力がアップすれば、恋愛成就の確率も格段にアップするかも!?