メールアドレスの交換は、恋の始まりの予感でいっぱい。ここからのメールのやりとりは恋の行方を左右します。そこで「恋愛対象に昇格しそうな携帯メールの内容ランキング」でどんなメールが恋愛対象として発展していくのか調査したところ、《さりげない心配メール》、《へこんでいる時にきたメール》が上位にランク・イン。落ち込んでいる時にメールをもらうと、「この人のこと…好きかも?」と恋心が芽生えるきっかけになりやすいようです。

 相手が恋人でなくても、自分のことを気にかけてくれるのは嬉しいもの。合コンの帰りなどに「酔っていたようだけど、大丈夫? 家には無事帰れた?」など《さりげない心配メール》が送られてくると、それだけで相手への好感度はかなりアップ。2位の《何気ない好みを覚えてくれている》、6位の《当日中のバースデーメール》も、自分のことを覚えていてくれている、興味を持ってくれていると感じるので、恋愛に昇格する可能性大。《デートの約束をにおわせる》といった積極的なメールも印象は良いようです。

 クリスマスまで3ヶ月を切った現在も恋人募集中の人は、メールを有効活用してクリスマスをカップルで過ごす作戦を練ってみては? 「恋人未満の好きな人にメールをする時のフレーズランキング」や「男性が告白されたい理想のシチュエーションランキング」など、恋人ゲットの役に立つ情報がいっぱいのgooランキング「恋人をつくろう!」特集もぜひ参考にしてくださいね。