肉食に草食、その中間が雑食。といったように○○系男子といった言葉もすっかり定着しましたが、みなさんはそれぞれの男子についてどんなイメージを抱いていますか? そこで今回は「『草食男子』のイメージ」について聞いてみました。

 最も多かった意見は《インドア派》でした。2位にも《自分の部屋で過ごすのが好き》がランク・インするなど、外で活発に体を動かすというよりは屋内で趣味などを楽しんで過ごすイメージが強いよう。また3位には《声が小さい》。体育会系とは違い、声を張るイメージもしにくいようです。4位には《彼女の行動にあわせる》が入り、彼女をグイグイひっぱるというよりは、彼女の意向を聞いてくれるやさしさを持っているイメージの強いことがわかります。

 草食男子の名づけ親はコラムニストの深澤真紀氏。2006年に日経ビジネスオンラインにて連載をしていた『U35男子マーケティング図鑑』で紹介したのがはじまりです。当初はこの分類に否定的な意見もみられたようですが、少しずつ認識され、また女性誌にて紹介されたことで一気に浸透。これまでの世代の男性像とはちがい “男らしさ”に違和感を持つのが草食男子の特徴。恋愛に対してもガツガツせず、むしろ異性との友情が成立するというのが草食男子の定義。他にも様々な解釈が加えられていますが、やはり肉食男子とは対極にある存在なのは確かです。

 みなさんのまわりにも「言われてみれば草食系かも」という男性がいるのでは? また、我こそは草食男子というみなさん、どれくらい当てはまっていましたか?