コンビニエンスストアやスーパーのパンコーナーで必ず見かける定番サンドイッチといえば、ご存じ山崎製パンの「ランチパック」。1984年の発売当初は「ピーナッツ」、「小倉」、「青りんご」、「ヨーグルト」のわずか4種類しかなかったランチパックも現在は「スイーツシリーズ」と「惣菜シリーズ」という二つのシリーズで展開。「メープル&マーガリン」や「富士宮やきそば」など、実に多くの種類が販売されています。

 過去に発売されたランチパックの中には販売が終了してしまったものも少なくありません。ランチパックの惣菜シリーズで復活するなら食べてみたいものを聞いた今回のランキングで、最も多く人の支持を受けたのは《ハム&チーズ》でした。2位に《ハムカツ&タマゴ》、5位にも《クリームチーズ&ハム》がランク・インするなど、ハムと別の素材を組み合わせたものが人気を集めています。食べ応えという点ではほかの惣菜シリーズも十分にありますが、2つの味を楽しめるのが良いと考えている人が多いのかもしれませんね。

 このほかにも博多名物とのコラボレーション《やまやの明太子&ポテト》や《塩焼きチキン&ホワイトペッパー》など、食欲を刺激する何とも魅力的なランチパックが多数ランク・インしています。販売終了がコストによるものなのか、購入者の評判が今ひとつだったからなのかはわかりませんが、このまま眠らせておくには実に惜しいものばかりとなった今回のランキング。どれが復活してもランチパックシリーズのファンにはうれしい知らせとなりそうです。