最近は佐藤唯青島あきななどに代表される『なまドル(訛りアイドル)』なる言葉も登場したり、東国原知事の「どげんかせんといかん」が有名になるなど、テレビでも方言が取り上げられています。「方言がカワイイと感じる人の出身県ランキング」では、関西地方や東北地方などの県が上位に多くランク・インするなど、多くの人が標準語との差が大きく、特徴がはっきりしている方言をカワイイと思っているようです。

 例えば、デートの後言われた「今日はありがとう。楽しかったです。太郎のことすごく好きだから、また一緒に遊んでね。」という言葉。これを京都弁で言うと「今日はおおきに。楽しかったどす。太郎のことむちゃ好きやさかい、また一緒に遊んでおくれやすな。(※)」となります。3位の《福岡県》で話されている博多弁では、「今日はありがとう。楽しかったばい。太郎んこつばりすいとーけん、また一緒に遊んでくれんね。(※)」に。同じことを言っていても方言になると違った印象になり、その言葉の印象で話している相手がよりカワイく見えてしまう…なんてこともあるのかもしれません。

 方言はその土地の人たちの生活や文化に深く根付いているものも多くあります。最近では過疎化が進むなどしてお年寄りしか本当の方言がわからないなどということもあるようですが、せっかくカワイイと思われる方言なら、なくならないでほしいものですね。 (※)地域によって若干の違いがあります。