冷房のきいた涼しい部屋で暑さをしのぐのもいいですが、たまには外出して体を動かす休日はいかが? そんなときにオススメなのが、風をきって気分爽快、「きゃーっ」「うぁーっ」と大声を出してストレス発散もできる絶叫アトラクション。日本全国にある絶叫アトラクションのうち「一度はチャレンジしてみたいもの」を聞いたところ、1位から3位までを富士急ハイランドのアトラクションが占める結果となりました。

 最大時速130キロメートル、最大落差70メートルの《FUJIYAMA》は、“KING OF COASTERS”と呼ぶにふさわしい絶叫アトラクション。今年は純金箔車両と純銀箔のふたつがそろっているとのことですが、車両を楽しむ余裕があるかどうか…。3位の《ええじゃないか》は2006年にできたローラーコースター。14回という世界一の総回転数と、足が固定されないため踏ん張りのきかない独特のそう快感が魅力です。今年7月には日本初の高さ50メートルを超える空中ブランコ、その名も「鉄骨番長」が登場し、新たな絶叫アトラクションとして注目を集めています。

 東京ディズニーリゾートからは、2006年にディズニーシーに登場した《タワー・オブ・テラー》が4位にランク・イン。1912年のニューヨーク、閉鎖されたホテルハイタワーが舞台のこのアトラクションはフリーフォールタイプ。乗り込むエレベーターによってアトラクションの動き方も違うらしいので、その違いを楽しむのもよさそう。

 ランキングを見ていたら、どこかに遊びに行きたくなった…そんな人は、gooランキングの「人気スポットでもうひと遊び」特集を参考に、外出プランを立ててみてくださいね。