男性の平均寿命、全国第1位を誇る長野県(厚生労働省17年度)。長寿の秘訣はどこにあるのでしょうか…ランキングをみれば何かヒントが得られるかも!?ということで、「長野県といえば浮かぶもの」について聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは1998年の2月に開催され、10年が経過した現在でも記憶に新しい《長野オリンピック》でした。スキージャンプではラージヒル団体・個人など日の丸飛行隊が大活躍し、また モーグルでは里谷多英が日本女子史上初の金メダルを手にするなど真冬に雪が解けるほどの熱気が会場を包みました。この華々しい功績を陰から支えたのは、会場設備に携わる人たちの努力。雪不足に悩まされるものの直前で大雪が降るなど様々なドラマが生まれました。

 2位には《軽井沢》がランク・イン。日本を代表する避暑地としても知られ、夏になると毎年数多くの観光客で賑わっています。名だたる著名人にも《軽井沢》を愛する人が多く、中でもジョン・レノンは特に有名。最近では軽井沢駅前から広がる巨大アウトレットモール軽井沢・プリンスショッピングプラザや、その土地の魅力をふんだんに生かした宿づくりに定評がある星野リゾートも有名。白樺など木々の間にひっそりと佇むカフェや、市街地から一歩足を踏み入れると残っている広大な自然など穴場スポットが多数点在しており、何度訪れても飽きない魅力が観光客をひきつけます。また3位には季節を通して魅力的な《日本アルプス》がランク・イン。高く連なる《日本アルプス》は、少し離れたところからも十分に望むことができます。特に冬の晴れた日中に見ることができる雪化粧をまとった姿は絶景です。

 四季折々で様々な自然の姿が堪能できる長野県。長寿の秘訣はこうした自然が溢れている環境なのかもしれませんね。みなさんが長野県と聞いて思い浮かぶものはどんなものですか?