各社の調査で、昨年に比べて大幅減という現実が見えてきている夏のボーナス(株)MM総研gooリサーチを利用して今年5月末に行った調査では、ボーナス額の減少に伴い消費者の購買意欲も減少しているそう。一方でエコポイントなど消費喚起の施策も実施されている2009年夏のボーナス商戦。みんなが買いたいと思っている家電製品を調査したところ、《大型液晶テレビ》がダントツという結果になりました。

 一定の省エネ基準を満たす 地上デジタル放送対応テレビであれば、エコポイント対象商品となる《大型液晶テレビ》。46V型以上のエコポイント対象《大型液晶テレビ》を買うとついてくるポイントは36,000点。エコポイントは1点1円相当に換算されるので、テレビを買い換えようと考えていた人にはかなりお得です。ランキングでは《ブルーレイディスクレコーダー》や《DVD/HDDレコーダー》など、テレビ関連の家電も人気でした。

 2位は《ノートパソコン》。最近話題のネットブックPCなら、少し前の型などで本体価格が3万円台のものもあり、ボーナスが減額になった人でも購入検討のしがいがありそう。8月8日にはソニー初のネットブックPC「VAIO Wシリーズ」が発売開始となる予定で、ネットブックPC市場はますます熱気を帯びそうです。

 お財布の紐がきつくなっている昨今ですが、ボーナス消費がなければ日本経済も盛り上がりません。ランキングをチェックして、ボーナスで買いたい家電製品を検討してみてはいかがでしょうか。