夏の時期には花火大会盆踊りなど、さまざまなイベントが催されますが、こうしたイベントで見かけるのが、浴衣姿の女性です。夏のファッションにもいろいろとありますが、日本の夏と浴衣の組み合わせには、ほかのファッションにはない「風情」を感じますよね。

 この時期にはメディアに登場する女性有名人も浴衣姿を披露する機会が多くなりますが、その中でも「彼女の浴衣姿ならきっとカワイイはず!」と多くの人に支持されたのが、女優の《宮崎あおい》でした。NHK大河ドラマ篤姫』では主人公・篤姫を演じて高い評価を受けましたが、劇中で披露した着物のみごとな着こなしに「これならきっと浴衣も似合うはず」と感じた人が多かったのかもしれません。

 2位には、昨年実施した「浴衣が似合いそうな女性有名人ランキング」で8位だった《綾瀬はるか》がランク・イン。春に公開された映画『おっぱいバレー』をはじめ、テレビドラマやコマーシャルなど多方面で活躍する彼女は、現在最も注目されている若手女優の1人。いつも明るく元気なイメージが強いですが、動きが制限されておしとやかな雰囲気になる浴衣姿では、また違う一面を見せてくれそうです。

 続く3位には《蒼井優》がランク・イン。女性版のランキングでも《綾瀬はるか》を押さえて2位に入るなど、高い支持を得ていますが、これは映画『蟲師』やテレビドラマ『おせん』などで多くの人が彼女の和服姿を目にしており、イメージしやすいということも一因と言えそうですね。