相手のことを好きになってしまったら、多少の欠点があったとしても「まあいっか」と目をつぶってしまうもの。でも、お互いのことがよくわかってくると、「多少」と思っていた相手の欠点がどんどん大きなものに感じられるようになり、「この人とつきあったのは失敗だったかも……」なんて気持になりますよね。

 「正直なところ付き合って「失敗した〜」と思う相手ランキング」で多くの人が失敗と感じたのは、相手が《自己中心的》だったケースでした。相手の気持ちを考えてそれに合わせてあげるのは他人どうしがつきあっていく上で必要なこと。でも、ほれた弱みと《自己中心的》な相手に合わせてばかりいては、いつか二人の関係が破たんしてしまうのは目に見えています。

 2位は「やっぱり!」と思わずつぶやいてしまいそうな《浮気性》。「本気じゃなければ許す」なんて強気な人もいるようですが、好きな相手が自分以外の異性に心を寄せてしまうのはやっぱり嫌ですよね。《浮気性》の人は浮気をごまかすために《頻繁にウソをつく》ものですが、こういう人に限ってウソが下手なのもつらいところです。せめて浮気していることに気づかないほど上手にウソをついてくれれば良いのですが……。

 このほかにも《お金にルーズ》、《口ばかりで行動をしない》など、文字にしてみると「そもそも、どうしてこの人とつきあいはじめたの?」と聞いてみたくなるような相手が上位に勢ぞろいした今回のランキング。恋する時にしっかりと目を開いておかないと、本当に素敵な異性とはなかなかめぐり合えないのかもしれませんね。