好きな相手であれば、「あの人のために何かをしてあげたい」と考えるのは自然なこと。でも、相手のために何かをしてあげたとしても、なかなか「相手に尽くしているな」とまでは思わないですよね。多くの人はいったいどんな時に尽くしていると感じるものなのでしょうか?

 「相手につくしてるな…と思う行動ランキング」で1位に選ばれたのは、《早起きして相手のために朝ごはんを作る 》でした。トーストにコーヒー、スクランブルエッグ程度ならたいした手間もかかりませんが、ちょっと手の込んだものを作ろうとすれば、朝ごはんだって手間暇が掛かることに変わりはありません。眠い目をこすりつつ毎朝台所に立つというのは、相手への深い愛情がなければ難しいのかもしれませんね。

 続く2位と3位には、《帰宅するのを寝ないで待つ》と《帰宅するのをご飯を食べずに待つ》がランク・インしました。会社勤めをしていれば残業や取引先の接待などで帰宅時間が遅くなるのはよくあること。そんな時は相手も気を遣って「先に食べちゃって」、「遅くなるから寝てていいよ」と連絡をくれるものですが、「明かりが付いた部屋で迎えてあげたい!」という思いがある時は、そういうわけにもいきません。

 ちなみに、1位から3位までは男性のランキング女性のランキングの結果はまったく同じでした。男性のランキングでは《デート代をすべて負担する》が、女性のランキングでは《相手の部屋をいつも自分が掃除する》が上位にランク・インするなど、若干の違いこそありますが、「相手に尽くしている」と感じる行動は思いのほか男女で変わらないようですね。