子どもから大人まで幅広いで世代に愛されている少年マンガ。人気の作品ともなると、連載開始から終了まで5年、10年という長期におよぶものも少なくありません。こうした長編作品の場合、はじめのうちは熱心に読んでいたのに、友だちづきあいや仕事に忙しくなる、長く続くうちに興味が無くなって読むのをやめたなどの理由で、結末を知らない人も多いようです。

 「結末を知らない少年マンガランキング」で1位に選ばれた《GTO》は1997年から2002年までの期間で『週刊少年マガジン』で連載されていた人気作。反町隆史主演でテレビドラマ化されるなど、数ある人気漫画の中でも上位に入る知名度の作品なので、結末を知らない人が多いというのは意外ですよね。

 続く2位と3位には、1980年代以降の『週刊少年サンデー』をけん引してきた看板作家の作品、あだち充の《H2》と高橋留美子の《犬夜叉》がランク・イン。2人はこの作品以外にも『タッチ』や『らんま1/2』などの人気長編作を同誌で連載してきましたが、こちらも実は「結末を知らないんだよなあ」という人がいるのかもしれません。

 注目したいのは、9位にランク・インした《SLAM DUNK》でしょうか。こちらは『週刊少年ジャンプ』で1990年から1996年にかけて連載されていましたが、物語のクライマックスとなるインターハイのトーナメント戦の途中で連載が終了。作者の井上雄彦が続きをやりたい気持があることを述べるなど、厳密には「まだ終了していない作品」ととらえることもできそうですね。ちなみにこの作品、台湾では何と無許可で続編が制作されていたのだとか……。