いよいよ夏本番。海や山などレジャーに出かける機会が増えるこの季節。カップルや好きな人がいる人にとって忘れてはならないイベントの一つが「花火デート」ではないでしょうか。いつもと違う恋人の浴衣姿にドキっとしたり、露店をひやかしながら会場を歩いたり……。それだけでなんだか楽しいデートになりそうですよね。そこで今回は女性に花火デートを成功させるためのコツについて聞いてみました。

 1位は《人ゴミにイライラしない》。例えば東京の江戸川区花火大会隅田川花火大会などの大きな花火大会では100万人前後の人出があるそう。花火が始まるギリギリの時間に会場に向かってしまうと、花火を見に来たのか人ゴミを見に来たのかわからない……なんてことになりかねません。そうなるとついイライラしてしまうものですが、それだけで二人のムードは険悪に。大きな花火大会に行くときには人出の多さは覚悟して、不機嫌にならないようにすることが大切なようです。また人ゴミが苦手な人は《混んでいる場合は、遠くから花火を見る》のもケンカを避ける良い方法かも。

 続く2位は《はぐれないよう、手をつないで歩く》。人ゴミを逆手にとって「はぐれちゃうから手をつなごう」と女の子から提案すると二人の距離がぐっと近づきそう。また、3位・4位は《浴衣を着ていく》、《髪形をアップにしていく》がランク・インしており、花火大会ならではのファッションに気を遣っている女性が多いという結果に。最近は手ごろな価格で買える浴衣も増えているので、とっておきの浴衣姿で彼氏をドキッとさせてみては?

 「男性が考える花火デートを成功させるコツランキング」も公開されているので、男性はそちらのランキングもぜひチェックしてくださいね。