景気の指標として新聞やテレビで出荷量が「東京ドーム何杯分」と報じられることもあるビール。不況のあおりを受けて以前ほど出荷量が伸びていないとはいえ、2009年5月の大手ビール5社の出荷数量が3,892万ケース(1ケースは大瓶20本分)とのことですから、やはり日本人はビール好きな国民であると言えるのではないでしょうか。

 そんなビール好きの国民が選んだ国産ビールの第1位は、1987年に登場し、ビール業界に「ドライ戦争」を巻き起こした《アサヒスーパードライ》。2007年に実施したランキングで1位に輝いた《キリン一番搾り》や、定番の《キリンラガービール》を押さえ、20年連続で年間販売量1億箱超を実現しているトップ・ブランドの貫録を見せつけました。

 普通のビールよりもちょっとお値段は張りますが、独特の深い味わいが人気の《ヱビスビール》や《ザ・プレミアム・モルツ》などの高級ビール——いわゆる「プレミアムビール」も上位にランク・インしています。普段は節約のために発泡酒や「第三のビール」を飲んでいる人であっても、何かめでたい事があった時や、1週間働いた自分へのご褒美として、週末だけはプレミアムビールでリッチなひとときを味わっているのではないでしょうか。

 ちなみに、《ヱビスビール》に関してはロースト麦芽を使用した《ヱビス<ザ・ブラック>》やホップの使用量を増やした《ヱビス<ザ・ホップ>》も9、10位にランクインしており、味にこだわるビール好きの支持を得ているようです。

 gooランキングの「マイランキング」では、「好きな国産ビールランキング」についてあなた独自のランキングを募集中です! ビール好きを自称するみなさんは、ぜひあなただけのランキングを作ってみてくださいね。