昨年、人気グループ「EXILE」の所属メンバーが14人の大所帯になったことが話題を集めました。大所帯のグループはステージで多彩なパフォーマンスができるなどのメリットがありますが、メンバー数があまりに多かったり、入れ替わりが激しかったりすると、「あのグループって何人編成?」と聞かれた時に悩んでしまいますよね。

 大所帯の人気グループの中でも最も悩む人が多かったのは、今年でデビュー20周年となる《東京スカパラダイスオーケストラ》。メジャーデビュー当時は12人が在籍していましたが、脱退や死去、療養などの理由でメンバー数が変わっており、2009年6月現在は9人体制となっています。

 続く2位に入ったのは、1998年にアルバム『PUNCH! PUNCH! PUNCH!』でメジャーデビューした《クレイジーケンバンド》。現在のメンバーは12名ですが、ルーツとなるバンド「CK’S」時代からのメンバーでライブを行う時は「CKB-CLASSIX」の名称を使っているそうです。古くからのファンには、こちらのメンバー編成の方がしっくりくるという方もいるのではないでしょうか?

 結成した年(1997年)とメジャーデビューの年(1998年)が《クレイジーケンバンド》と同じ《モーニング娘。》も、メンバー数を聞かれると答えに窮してしまうグループの1つ。結成以来、メンバーが何度も入れ代わっており、「現在のメンバー数とその名前を言えればあなたも若者!」なんて企画も過去に雑誌などで行われていましたね。

 同じアイドルグループでは《AKB48》も人数の多さで知られていますが、こちらは研究生まで含めると何と56人の超・大所帯。全員の顔と名前を覚えるのは新入生を迎えた先生なみに大変そうです……。