恋人同士といえば、お互い相思相愛で性格もぴったりだから付き合っている……はずなのですが、周りから見ると「これは長く続かないだろ」と思ってしまうカップルがまれに存在することも事実。お互いに「好き」であっても、長く続かないと思われてしまう原因はどんなところにあるのでしょうか。

 1位は《金銭感覚が合わない》。過去のランキングを見ると「友達同士で違うと辛いことランキング」や「あと一歩結婚に踏み切れない理由ランキング」でも金銭感覚の違いが上位にきており、人間関係において金銭感覚が合うというのは重要な要素と考える人が多いよう。食事をするにも旅行をするにもどちらかが「いつも高すぎる」と負担に感じたり、相手のことを「ケチだな」と思うことが続くと、自然とケンカが多くなったり、性格が合わないような気がして別れの原因になることもありそうです。

 続く2位は《信頼関係がない》。好きだからこそ不安になったり相手のことを信じられなくなったりすることもありますが、相手を信頼することこそ関係を長く続けるポイントのひとつ。恋人について話すときに「もしかして…」とか「どうせ…」というような言葉を使っていると周りの人に「長く続かないな」と思われてしまう可能性大です。7位の《お互いに嫉妬深い》にもつながることですが、まずは好きな人のことを信頼することが大切なようです。

 3位以降も《お互いに自己主張が強い》、《「お互いに」もしくは「どちらかが」浮気性 》など、確かに「これは長く続かないだろ」と思ってしまう項目がズラリと並ぶ結果となりました。恋人がいる人は、ランキングをチェックして思い当たる項目がたくさんあれば、自分たちも周りからそう思われているかもしれません。あなたは大丈夫そうですか?