本州の北端に位置する青森県。「青森県といえば?」という質問に対し、1位は《リンゴ》という結果になりました。青森県の《リンゴ》の収穫量は全国1位で、全国シェアは50%を超えています(2006年時点)。青森リンゴは明治初期の頃から作られていたといわれており、有名品種の「ふじ」は日本だけでなく、世界でのブランド認知も高まってきているそう。「ふじ」のほかにも「陸奥(むつ)」や「つがる」、「世界一」など、リンゴ王国青森では様々な品種のリンゴが栽培されています。そのまま食べるだけでなく、赤ワインで煮込んでリンゴ煮にしたり、ジャムにしたり、アップルパイを作ったり——。調理方法のバリエーションをおさえておけば、《リンゴ》をさらに楽しめそう。 

 2位には東北三大祭りの中でも勇壮な祭りとして人気の《青森ねぶた祭》がランク・イン。青森市で開催される《青森ねぶた祭》は、昭和55年に国指定重要無形民俗文化財にも指定された日本の夏を彩る代表的なお祭りで、例年300万人もの人出があるそう。祭りの会期は毎年8月2日〜8月7日です。

 《津軽海峡》や《十和田湖》など、観光名所も上位に入った青森県ランキング。夏の予定がまだ決まっていない人は、ETC搭載車の土日の高速道路料金が1,000円になる割引制度を利用して、青森県へ出かけてみてもよさそうですね。