「今日はNRだからあとは宜しく頼んだよ」と、先輩からのメールに謎の暗号。NRってなんだ?  これに限らずビジネスシーンで用いられることが多い不思議な言葉たち。そこで「実は知ったかぶりをしているオトナ語」でいつも耳にしているものの意味がわからずに聞き流してしまった言葉について聞いたところ、最も多かったのは《スキーム》でした。goo辞書国語辞典で調べたところ《スキーム》とは「計画。枠組み」という意味で、新語として登録されていました。

 続いて《イニシアチブをとる》、《マター》とカタカナ表記の新語が続いています。「スキームと言わずに計画と言ってくれればわかったのに……。」なんて言いたくもなりますが、これを目にした今日から例文を参考に使ってみてはいかがでしょうか。

 3位には《架電の件》がランク・イン。架電とは「電話をかけること」という意味だそうです。「 教えて!goo」にはこの《架電の件》の用法についての投稿があり、意味は知っていても使い方がよくわからないという人も多いよう。『ほぼ日刊イトイ新聞』ではこうした新語や略語などビジネスシーンを中心に用いられる言葉を「オトナ語」と称して、様々なシーンで使われたオトナ語が投稿されています。また『オトナ語の謎。」として書籍化されるほど人気集めているようです。

 そのオトナ語、ちゃんと意味を分かった上で使っているの? と少々疑問に思いながらも言われたときには「あぁ、そのマターについてですね!」なんて自分もイマイチ自信を持てないままなんとなく使ってしまう……。オトナ語は、こうやってどんどん広まっていくのかもしれません。