会社勤めをする人にとって、自分の上司の性格や能力というのは非常に重要な問題。難しい仕事を難なくこなし、部下への接し方もパーフェクトな上司であれば何の問題もありません。でも、誰もがそんなすてきな上司に出会えるというわけではなさそうです——。

 「上司に対して思わず心の中で言ったことのある文句ランキング」の1位に選ばれたのは、《この前と言ってること違くない?》。クライアントやさらに上の立場の人間の要求に合わせてコロコロと言うことを変える上司は思いのほか多いようですね。もしやむを得ない変更だったとしても、なぜ変わったのかきちんと説明してくれなければ納得がいかないのは当然です。

 企業において「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」はコミュニケーションの基本と言われていますが、これは何も下の立場にいる人だけに当てはまる話ではありません。何の事前連絡も無しにいきなり「実はここの仕様は変更になってたんだよ」などとホウレンソウを無視した発言をする上司には、《その情報、聞いてないし》、《もっと早く言ってよ…》と文句のひとつも言いたくなりますよね。

 「人としてどうなの?」と言いたくなるのは、自分のミスを部下のせいにする上司。ミスは誰にでもあるものですが、それを部下のせいにしてしまうのは言語道断です。こんな時は、心の中で《ミスしたのは私ではなくあなたでは?》と言うのではなく、口に出してはっきりと言ってあげることも必要なのかもしれません。

 上司からすれば耳の痛い言葉が並んだ今回のランキング。部下から不満ひとつ上ってこない完ぺきな上司であり続けることは難しいかもしれませんが、せめて《ちゃんと仕事しようよ…》なんて言われることがないように注意してほしいものです。