仕事でミスを連発して同僚に迷惑をかけた、おまけに些細な事で恋人とケンカをした。なんだかいろんなことがうまくいかないこんなとき、出勤前に見たテレビの占いの結果を思い出す。そういえば今日は最下位だったっけ……。

 テレビや雑誌等でも目にすることが多い占いコーナーは、ついチェックしてしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで「当たると思う占い」について聞いたところ、1位にランク・インしたのは《手相占い》でした。少し前に話題になった「じぶんでテソーミ」をはじめ、手相占いの本などを参考に結婚線生命線などを自分の手相と照らし合わせては一喜一憂できるのが、《手相占い》。人それぞれ線の有無や入り方が違うこともあり、告げられた占いの結果をすんなり受け入れられるものかもしれません。

 続いて2位には《四柱推命》がランク・イン。中国で生まれた《四柱推命》とは、陰陽五行説と年、月、日、時を柱とした四柱を元にそれらの組み合わせを占い師が読み説いて、その人の持つ可能性を推量していくもの。Wikipediaによれば、日本に伝わったのは江戸時代と、歴史を重ねている占い手法です。現在は様々な流派があるようなので、お気に入りの流派をみつけてみてもよいかも。3位には根強い人気の《六星占術》、4位には《血液型占い》と同率で《風水》が続いています。

当たるも八卦、当たらぬも八卦」なんていいますが、みなさんが当たると思う占いや、ここ一番の頼りにしている占いはどんな占いですか?