『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『もののけ姫』が邦画の 歴代興行収入のトップ3を独占するなど、幅広い層の人々から愛されているスタジオジブリの作品群。スタジオジブリ作品が人気を集める理由はいろいろと考えられますが、男性ファンにとってはやはり魅力的なヒロインの存在が大きいのではないでしょうか?

 「彼女にしたいジブリ作品のキャラクターランキング」で断トツの1位に選ばれたのは、『風の谷のナウシカ』の主人公《ナウシカ》。故郷である風の谷の住人にはもちろん、(オウム)や植物に至るまで分け隔て無く愛情を注ぐ《ナウシカ》。谷を救うために自らの命を投げ出した彼女の姿に「オレの彼女になってくれ!」と心で叫んだ男性は多いのではないでしょうか。ただし、武装した敵兵の一団さえなぎ倒す強さを兼ね備えた《ナウシカ》を彼女にしたら、大抵の男性は尻に敷かれてしまいそうですね。

 2位には『天空の城ラピュタ』のヒロイン《シータ》が選ばれました。物語冒頭の空から降りてくるという衝撃の方法で登場し、男性ファンの心をわしづかみにした《シータ》。彼女もまた芯の強さを持ち合わせたヒロインなのですが、さらわれてしまった時には部屋の中で泣いてしまうなど、弱い一面をかいま見せてくれるところも男性ファンにはたまらないようです。ちなみに、彼女は料理の腕前もかなりのもの。恋人同士になれたら、ぜひ手料理をふるまってほしいものです。

 3位には『魔女の宅急便』の主人公《キキ》がつけました。おしゃれな女の子にコンプレックスを抱いたり、魔法が使えなくなって落ち込んだりと、女の子らしい悩みを抱えながら成長していく姿は《ナウシカ》や《シータ》とはまた違った魅力があります。続く4位には『耳をすませば』の《月島雫》がランク・インしていますが、こちらはすでに将来を誓った相手がいるので、恋人にするのはちょっと難しそうですね……。