就職や進学を機会に都会へ出てきたばかりの人にとって、都会生まれ・都会育ちの「都会っ子」の姿というのは妙にまぶしく写るもの。地元ではまず目にすることのなかった行動や発言に、「やっぱり都会育ちは違うなあ〜」と感じてしまった人は多いのではないでしょうか?

 その典型的な例が《公共交通機関の乗り換えに詳しい》こと。東京の交通機関などは世界でも最も複雑と言われていますが、はじめて訪れた人にはそのつながりを理解するだけでも一苦労。各所で見かける路線図は、一瞬「何のパズル?」と思ってしまうほどです。長年東京で暮らしていればいずれ覚えられるものとはいえ、そんな複雑な路線を熟知し、最短ルートを瞬時に導き出す都会っ子には「さすが!」と驚いてしまいます。

 人の多さに動じないというのも都会っ子の特徴です。中でも「やっぱり都会っ子は違う!」と感心するのは、通勤・通学時間帯の《満員電車に動じない》ことでしょうか。鉄道がメインの交通機関となる都会は、利用者の数も膨大なもの。乗車率100%を軽く超える満員電車のすし詰め状態は、世界のメディアでも話題になるほどです。普通なら「もう無理、乗れないよ!」という満員電車にスルスルと体を滑り込ませ、周囲の圧力を柳のようにかわしてみせる都会っ子の姿は、まるでニンジャ・マスターのようです。

 《流行をキャッチするのが早い》のも都会っ子の特徴と言えます。インターネットが普及した現在、メディアやショップが発する情報に触れるスピードこそ地方と都会に大差はありませんが、やはり情報発信地に暮らす都会っ子が流行を「肌で感じる」スピードにはかないませんよね。また、《私服のセンスが良い》も、最新の流行やファッションを常に肌で感じている都会っ子ならではと言えそうです。