4月に新生活をスタートさせた学生・社会人の皆さんも、少しずつ新しい環境になれてきたころでしょうか? 環境や生活習慣が変わると、どうしても疲れやストレスがたまってしまいますよね。そんなときは、やはり休日を使ってしっかりとリフレッシュするのが一番です。

 「予定のない休日のリフレッシュ法ランキング」で1位に選ばれたのは、《ひたすら寝る》。総務省の「社会生活基本調査」によると、近年は労働時間や遊びにでかける積極的な自由時間が増加傾向なのに対して、休養などに使う自由時間、睡眠時間は減少傾向にあるそうです。「寝て過ごすのはもったいない」という考えもありますが、何の予定も入っていない日くらいは体の疲れをとっておかないと、そのうち倒れてしまう……なんてことになりそうです。

 2位に入ったのは《ショッピングに出かける》。こちらは社会生活基本調査でいうところの積極的な自由時間に入りますが、精神面のリフレッシュにはなかなか有効な方法と言えそうですね。「自分へのご褒美」というフレーズをよく耳にしますが、「この数値が達成できたらあれを買おう!」と決めておけば、モチベーションが上がり、仕事や学業の効率もアップするのではないでしょうか。

 《ショッピングに出かける》と同率で2位に選ばれたのは《散歩に出かける》。暑くもなく寒くもない5月は、外をぶらりと散歩するには良い季節です。公園や川沿いなど自然豊かなところを歩くのは気持ちが良いですし、普段出かけないような場所で見つけたすてきなお店でショッピングをすれば、ダブルの効果が期待できそうですよね。