子どものころにアニメを見ていて、主人公やほかのキャラクターたちが生活する家で「暮らしてみたい!」と感じたことはありませんでしたか?

 多くの人が「こんな家なら住んでみたい」と感じたのは、「古き良き日本の家族」の象徴とも言うべき『サザエさん』の《磯野家》。ちゃぶ台(卓袱台)を囲んで家族みんなで食事をしたり、日当たりの良い南側の縁側でくつろいだりと、一家団らんにはまさに最適。ややプライバシーに欠けるところもありますが、《磯野家》のような大家族でしか学べないことも多いのではないでしょうか。

 昔ながらの日本家屋に洋風の2階建を組み合わせた『となりのトトロ』の《サツキとメイの家》も、《磯野家》とはまた別の形で古き良き日本を感じさせてくれる家のひとつ。2005年に開催された「愛・地球博」で、実際にこの《サツキとメイの家》がパビリオンのひとつとして再現されて人気を集めたのは記憶に新しいところですよね。でも、「まっくろくろすけ」ことススワタリが出てくることを考えると、怖いような楽しみなような……何だか複雑な気分です。

 都会のけん騒とは無縁の世界で過ごしたいなら、『アルプスの少女ハイジ』のハイジが暮らす《ハイジの家》(アルムの山小屋)が最高。アルムおんじ(おじいさん)や友だちのペーターはもちろん、犬のヨーゼフ、ヤギのユキちゃんなど、動物たちとの触れ合いも思う存分楽しめる、楽しい山小屋ライフが満喫できそうですね。今回のランキングでは、このほかにもさまざまなアニメの家がランク・インしていますが、あなたならどの家で暮らしてみたいですか?