日本海に面し、豊かな漁場と立山連峰に挟まれた自然豊かな富山県。この富山県について思い浮かぶキーワードを調査したところ、《黒部ダム》が1位、《立山黒部アルペンルート》が2位と、黒部の観光名所が上位に入る結果となりました。

 《立山黒部アルペンルート》は、富山県と長野県を結ぶ山岳観光ルート。1位の《黒部ダム》は《立山黒部アルペンルート》の長野側に位置しています。飛騨山脈や立山連峰をも含むこのルートは高低差が大きいのが特徴で、新緑が楽しめる時期も《黒部ダム》では5月中旬頃、最も標高の高い「室堂」や「大観峰」付近では7月下旬頃と、場所によって大きく違います。その分、ルートを巡るだけで多様な四季の美しさを楽しむことができるよう。ゴールデンウィークに外出しそびれてしまった人は、《立山黒部アルペンルート》で新緑を楽しむ旅をプランしてみてもよさそう。

 食べ物で上位にきたのは《鱒寿司 (ます寿司)》と《ホタルイカ》。《鱒寿司》は「好きな全国の有名駅弁ランキング」でも常に上位入りする、人気のお弁当でもあります。県内には多数の《鱒寿司》店がありますが、酸味の強いものからまろやかな味のものなど、お店によって味は違うそう。富山を訪れた際には、みんなで違った種類の《鱒寿司》を買って食べ比べてみてはいかが?