「一生独身」と決め込んだわけではないけれど、婚活も思うように進まない現状を踏まえれば考えずにはいられない将来のこと。この先の人生を一人で歩いていくならば何が必要なんだろう……。「一生独身でいるなら必要だと思うことランキング」では、これだけはおさえておきたいと思うことについて聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《定年までの安定した収入》でした。「第2ロスジェネ」「派遣切り」なんて言葉が駆け巡るこのご時勢、雇用不安は明るいはずの未来を脅かす存在。独身を貫くならば現状に寄りかかる姿勢よりも、エンプロイアビリティを身に付け流動化する雇用状況に対応できる力をつけておきたいですね。次いで2位には《まとまった額の貯金》と、やはり独身で生きていくためにはお金が必要と感じる人が圧倒的多数という結果になりました。

 3位には《健康》がランク・イン。何をするにも体が資本。、健康だと思っていても「予防は治療に勝る」との言葉を肝に銘じて、日頃の生活を見直したり、健康診断を受けるなどのヘルスケアもお忘れなく。

 他にも《打ち込める趣味》、《なんでも話せる友人》のように、一人でも楽しめる趣味をもったり、人とのコミュニケーションを深めたりといった積極性も大切といえそうですね。