環境への関心が高まる中、注目されているのが「エコ家電」。消費電力が大幅に削減されたエアコン、節水タイプの洗濯乾燥機、繰り返し使える乾電池など、環境に配慮した機能が備わった製品が続々登場。

 さて、そんな「エコ家電」の中で、気になる製品について調査を行ったところ、圧倒的1位を獲得したのが《エネループ》でした。《エネループ》とはサンヨーが開発した充電式乾電池。約1000回も繰り返し使うことが可能で、使用済み電池のゴミが削減できるのが特徴。リモコン、シェーバー、携帯音楽プレーヤー、時計、デジタルスケールなど日常生活の中で乾電池の出番は意外と多いものですが、これなら買い置きがなくなり困るという心配もありませんね。なお、白いボディに青のロゴがスタイリッシュなこちら、2006年、2007年のGOOD DESIGN賞を受賞しています。

 続く2位には、シャープの《ヘルシオ》がランク・イン。スチームオーブンブームの火付け役となったこちら、マイクロウェーブで調理する電子レンジとは異なり、300度以上の過熱水蒸気で調理するのが特徴。省エネ基準達成率が100%と電気代が節約できるばかりでなく、コンロで調理するのに比べて手間が省けたり、余計な油や塩分を落とし、かつ大切な栄養素はキープしてくれたりと優秀なオーブン。

 その他、洗濯機ではパナソニックの《ななめドラム式洗濯乾燥機》やサンヨーの《AQUA》、炊飯器では象印の《極め炊き 》、東芝の《真空圧力IH保温釜》、掃除機ではシャープの《キレイオン》、日立の《ロボットサイクロン》などがランク・インしています。各社こぞって開発を進めているエコ家電。この春から新生活を始める人も、今ちょうど買い替えを検討している人も、それぞれのライフスタイルにあった製品をじっくりと選んでみてはいかがでしょうか。