スーツをビシッと着こなした男性は、それだけで好感度が高いもの。ネクタイを調えるなどの仕草に職場はもちろんのこと、合コンにおいてもグッと胸を打ちぬかれる女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、中には「これはちょっと…」と感じてしまう着こなしが存在するのも確か。「『自由だなぁ』と感じる男性のビジネススーツファッションランキング」では、ちょっと首を傾げたくなるようなビジネススーツファッションについて聞いてみました。

 1位にランク・インしたのは《派手な色のシャツ》でした。さわやかさとは対極にあるコテコテの色や柄など、ビジネスシーンにそぐわないアイテムには難色を示す人も多いようです。続いて2位には《派手な色やデザインの靴》とこちらも「派手」というキーワードが。あまりに個性的な色や柄ものは控えたほうがいいのかも。

 昨年の夏に話題となった《半ズボンのスーツ》は3位と、上位にランク・インしています。見慣れないというのも理由の一つかもしれませんが、少年っぽさが出てしまう半ズボンのスーツは着る人を選ぶファッションといえそうです。また4位には石田純一を彷彿とさせる《素足にローファー》が続いています。

 スーツをうまく着こなすポイントとしては、値段もよりも体型に合ったサイズを選ぶことと、なんといっても清潔感が大切。アナタを印象づけるファッションを目指して個性の演出に走るのもよいですが、雑誌に掲載されたコーディネートをそのまま取り入れたら《ちょい悪ではなく、超ワル》になってしまった……という事態を避けるためにも、周囲の人に意見を求めることも大切かもしれませんね。