もうすぐバレンタインデーですが、女性の皆さん、準備はもうできましたか? 「大好きなあの人に今年こそ本命チョコを渡したい!」という人はもちろん、「義理チョコ選びをしなければ…」という人も、実は何かと大変なバレンタインデー。そこで今回は女性にバレンタインデーで大変なことを聞いたところ、《大量の義理チョコへの出費》が1位と、圧倒的なポイントを集めました。

 「自分チョコ」や「友チョコ」、また最近では「逆チョコ」など、バレンタインデーの習慣は多様化していますが、それでもまだ職場の男性社員にチョコレートを配るのが恒例になっているという会社も少なくないのでは? そうなると好むと好まざるとにかかわらず《大量の義理チョコへの出費》は必須に。《あげるつもりのない人から期待される、ねだられる》などバレンタインデーも「義務」となってしまうと、つい「女の子も大変なんだよね」と思ってしまうもののようです。

 2位は《「部長用」「課長用」など、複数の種類の義理チョコの用意》がランク・イン。こちらも会社でのバレンタインならではの悩みですが、肩書によってチョコを変えなければならないとなると、《チョコをあげる人のリストアップ》や《複数人数へ渡すための袋詰め》も大変です。

 一方、今年こそ本命チョコを渡して恋を成就させたいという人や、すでに彼や夫がいる人にとっても、《チョコをきれいにラッピング》することや《チョコ以外のプレゼント選び》は、楽しい半面なかなか大変なもの。せっかくならバレンタインデーは楽しいイベントにしたいですが、その分大変なことも増え、ランキングを見ながら思わず共感してしまった女子も多いかもしれませんね。