若い時も、歳をとってからも、それぞれの年代にそれぞれの楽しみ方があります。それでもあえて「いちばん楽しい年代」を聞かれたら、あなたはいつと答えますか? 今回の調査では、《20代》がダントツという結果になりました。

 法律上も大人と認められ、自立をした分自由も多くなる。そんな《20代》を人生でいちばん楽しい時期と感じている人は多いよう。結婚や出産といったライフイベントを迎えることも多いこの年代は、人生で最初の大きな転機を迎える時期という意味でも印象に残りやすい年代でもあるのかもしれません。一方、学生生活を謳歌している《10代》の頃は2位にランク・イン。やはり「若い時ほど楽しい」と考える人は多いのでしょうか。

 《30代》以降になると、ポイントは残念ながら低め。ただ、《10代》や《20代》のようなはじける楽しさとはまた違った人生の奥深さを味わえるのは、むしろ《30代》を過ぎてからでは。さらに最近増えているという「アクティブシニア」の姿を見ると、《50代》や《60代》などライフステージの後半にもこの年代だからこその楽しみが待っていそうですね。