最近よく耳にする「ワークライフバランス」という言葉。直訳すると「仕事と生活の調和」のことですが、日本では「ワークライフバランス」と聞 くと男女均等推進少子化対策など仕事と子育ての両立、といった意味でとらえられることが多いですよね。しかし、「ワークライフバランス」は本来、日本の長い労働時間 や非正規労働者の問題など働き方全般に関わること。仕事だけでなく、自分の生活も大事にしたい。そんな考え方の人が増えている現在、会社の制度として求められているのは、どんなことなのでしょうか。

 「ワークライフバランスの実現に必要だと思う会社の制度ランキング」の1位は《育児休業期間(延長)》。続いて2位に《産前産後休暇(延長)》、3位に《子どもの看護休暇》と、子育てに関する項目が上位を占める結果となりました。 特に女性のランキングでは《育児短時間勤務制度(延長・範囲の拡大)》や《保育所の設置》なども上位にきており、仕事と子育ての両立が大きな課題であることがわかります。 一方男性のランキングでは、《有給休暇ストック制度》や《フレックスタイム制度》が上位となりましたが、《育児休業期間(延長)》も多くの人が望んでいるという結果に。共働き世帯が増加しているにも関わらず子育てや家事は未だに女性中心の家庭が多いと言われていますが、男性も育児休業を取りたいと考える人が増えているのかもしれません。形骸化した制度でなく、本当に必要な時に利用できる制度が整っている社会になってほしいですね。