社会に出たばかりの新入社員でなくても、日々の仕事をこなす上でちょっとしたミスをしてしまうことは、誰しもあるのでは? 「会社でやってしまった恥ずかしい失敗ランキング」では、ついやってしまいがちな小さなミスから、後々問題になりかねない大きな失敗まで、みんなが「恥ずかしい!」と思ってしまう失敗がズラリと並ぶ結果となりました。

 1位は《電話に出たとき、言葉をかんでしまった》。すばやく電話に出たものの、社名や名前を噛んでしまって恥ずかしい思いをしたことがある人はかなりいるようです。2位の《電話を保留にしようとして切ってしまった》をはじめ、《電話に出たときに自分の名字を名乗ってしまった》(6位)、《昼間出た電話で「こんばんは」と言ってしまった》(14位)、《電話を保留にするのを忘れて「○○さんから電話〜」と相手に聞こえてしまった》(15位)など、電話についてのミスが数多くランク・インしました。また、最近では電話だけでなく、連絡のツールとしてメールを使うことが多くなり、《メールを間違えて違う人に送ってしまった》(4位)、《書きかけのメールを取引先に誤送信してしまった》(17位)など、メールに関連するミスもランク・インしています。

 他には、社内での自分の立場を悪くしてしまいそうなミスもありました。《酔って上司に絡んでしまった》(9位)、《社内恋愛がばれてしまった》(10位)などは笑って済ませられる会社であればよいですが、職場によってはその後の昇進に響くなど大変な結果になってしまう場合も。「最近ミスが多いかも……」という人は、ランキングをチェックしてみては?