お正月のお楽しみといえば、重箱に詰められたおいし いおせち料理に舌鼓を打つこと。 とはいえ、三つ肴煮しめ、三つ肴、煮しめ——と、朝から晩までずっとお節料理ばかり食べていては、さすがに飽きてしまいます。そんな時、ふと「あれが食べたいなあ」と頭に浮かぶものって、誰にでもありますよね?

 おせち料理に飽きたときに食べたくなるメニューを聞いた今回のランキングで1位に選ばれたのは、《ラーメン》でした。作り置きが前提のおせち料理に飽きたら、まず食べたくなるのはふだんから食べ慣れていて、手軽に食べられる物——。お湯を注ぐだけでできあがる《ラーメン》はまさにうってつけです。

 2位の《カレー》もごはんさえ炊いておけば、 あとはレトルトパウチを温めるだけで良いところが人気の理由でしょうか。おせち料理は日持ちを考えて濃いめの味付けをされているため、4位の《お茶づけ》や5位の《うどん》のように手軽なだけでなく、あっさりとした味付けのものを食べたいという人も多いようです。

 和風の味付けに飽きた反動からなのか、6位の《ハンバーガー》や8位の《ピザ》のような洋食も人気です。こちらは《お茶づけ》や《うどん》のあっさりとは反対にこってりと濃いめの味付けですが、おせち料理とはまた違った味に刺激されて、食欲が増進するのかもしれませんね。