疲れた心も体も癒してくれる旅先と言えば、やっぱり温泉。日本には3,000ヵ所以上の温泉地があるといわれており、全国各地でそれぞれ特徴をもった温泉が楽しめますが、 2008年にgoo旅行のアクセス数を集計した人気温泉ランキングでは宮城県の《秋保温泉》と神奈川県の《箱根湯本温泉》が同率で1位を獲得する結果となりました。

 仙台から車で1時間ほどのところに 位置し、奥州三名湯の一つにもなっている《秋保温泉》。湯治場としての歴史は古く、温泉宿として400年以上の歴史を 持つ「左勘」 や「岩沼屋」といった老舗宿が今でも軒を連ねています。肌触りのよい泉質もさること ながら、「秋保大滝」 や「磊々峡(らいらいきょう)」など、近辺の自然美も観光客をひきつける魅力のひとつ。新緑や紅葉の時期は特に美しいようです。同じく1位となった《箱根湯本温泉》は温泉と一緒に街歩きを楽しみたい人にオススメの温泉地。国道1号線沿いの駅前通りには、お土産屋さんや飲食店が数多く立ち並んでいます。おしゃれなお店やおいしいと評判の隠れた名店も多く散策しがいのある 温泉街は、小田急線の特急列車に乗れば新宿から1時間半ほどで着くのも人気の理由かも。

 その他、日本三名泉にあげられることの多い兵庫県の《有馬温泉》(4位)や、四国を代表する温泉地である《道後温泉》(5位)など、温泉好きなら一度は行ってみたい有名温泉地が上位に並びました。注目したいのは9位の《山田温泉》。温泉のイメージがあまりない沖縄にあるこの温泉は、古くから地元の人に愛されてきた温泉だそう。 現在は「ルネッサンスリゾート オキナワ」内の専用施設として利用できるそうです。

 ランキングに並んだ日本の名湯の数々。今年の温泉旅行では、どこに行きますか?

※goo旅行で紹介している温泉情報の中で最もアクセスが多かった温泉地の年間ランキングです。