就職や結婚、出産など 大きなライフイベントと連動して検討・加入されることが 多い医療保険。しかしいざ入ろうとすると、様々な種類や保険会社があってどの保険に入るべきなのか分からない。そんな人も多いかもしれません。そこで「医療保険を選ぶポイント」について聞いてみたところ、《月々の保険料》が1位になりました。そして、《入院費の保障額》が2位、《入院の保障日数》が3位と続きます。

 医療保険に限らず、生命保険自動車保険などの保険料が家計に占める金額はかなりのものになる家庭も多いはず。できるだけ保障内容の厚いものにしたいとはいえ、毎月の出費があまりにもかさんでしまい日々の生活を圧迫しては問題です。保障内容と《月々の保険料》のバランスが取れたところで決めたいというのは、みんな同じなのかも。保障内容としては、入院の保障額や保障日数はもちろん、《終身保険である》(4位)ことや、《ガンなどの特定の病気についての特約に入れる》(5位)ことを重要視する人も多いよう。また、アメリカ発の金融不安などの影響もあってか、保障内容以外に《運営会社の信頼性が高い》(6位)ことをポイントとして挙げる人も。

 保険選びは自分のライフプランと向き合う作業とも言えます。最近では、複数の保険会社の商品を取り扱い、その中から自分にピッタリの保険を提案してくれる総合保険代理店のサービスなども充実しています。 goo保険 でも「医療保険の選び方」が特集されています。これから保険の加入や見直しを考えている人は、まずは実際に各社の保険が比較できるサービスのある窓口に足を運んでみるのもよいかもしれません。