「何か大きなことを成し遂げたい!」と思うのは、男なら当然のことですが、現実にはなかなかうまくいかないもの。だから大きなことを成し遂げた男に「自分もこんな生き方がしたかった」、「こんな人になりたかった」とあこがれの気持を抱くのは、無理のないことかもしれません。

 「男性に聞いた、格好よくて憧れる男性有名人ランキング」で見事ナンバー1に輝いたのは、日本人メジャーリーガーの《イチロー》でした。今年は所属チームがリーグ最下位に終わりましたが、自身は入団以来8年連続となるシーズン200本安打を達成。来シーズンには 張本勲が持つ通算安打数の日本記録を追い抜くのも確実と言われ、海の向こうでもスーパースターとして第一線で活躍するその姿には、野球ファンでなくともあこがれてしまいますよね。

 続く2位に選ばれたのは、永遠の銀幕スターとして年配の男性を中心に人気を集める《高倉健》。1960年代に『 日本侠客伝』や『 網走番外地』、『 昭和残侠伝』などの映画シリーズで注目を集め、迫力あふれる殺陣や美しい立ち姿に多くの男性が「健さんみたいになりたい!」とあこがれの気持を抱いたそうです。彼は礼儀正しさや周囲への気配りのすばらしさで制作スタッフや俳優の間でも評価が高く、付き人経験がある JJサニー千葉や、映画で共演した 武田鉄矢石倉三郎なども尊敬する人物として彼の名前をあげています。

 今回のランキングでひときわ異彩を放っているのは、名優《渡辺謙》と並んで5位にランク・インした《高田純次》でしょうか。彼の神懸かり的なほどのいいかげんさ、適当さにはあきれる一方で「彼のように適当に生きてみたい」「彼みたいに年をとりたい」という人もあとを絶ちません。お笑い界からは大物《タモリ》や、「 1クールのレギュラーよりも1回の伝説」の《江頭2:50》も名を連ねていますが、残念ながら《高田純次》には及びませんでした。ランキングを見てその人気を不思議に思った方は、ぜひ「 生で聞いてみたい、高田純次の名台詞ランキング」をチェックしてみてください。その秘密の一端がのぞけるかも……?