「これがなければ生きている意味がない!」というときに、英語で「No ○○ No Life!」と表すことがあります。人によって○○に入るものは違うものの、今回のランキングで1位となったのは《No Music No Life》、すなわち「音楽がなければ生きてる意味がない!」でした。

 《No Music No Life》という言葉自体を聞いた記憶のある人も多いはず。それもそのはず、大手CDショップの TOWER RECORDSでは『NO MUSIC, NO LIFE』を コーポレート・ボイスとして発信しています。また、この言葉は曲名やブログのタイトル名として使われることもあり、身近な言葉として人気が高かったことが今回の1位獲得につながったのかも。

 「Love(愛)」よりも上位にきたのは《No Money No Life》の「Money(お金)」。 リーマンショック全世界株安など景気が不安定な中で、「やっぱりお金は必要」と考える人は多いのでしょうか。また、《No Internet No Life》が4位に食い込んだところを見ると、ネットなしの生活なんて考えられない! と考えている人が非常に多いことがわかります。
「No ○○ No Life」の○○に当たる部分、あなたなら何が入りますか?