秋が深まり、寒さも次第に増してきている今日このごろ。寒風が吹きすさぶ夜には、「温かいおでんと熱かんで1杯……」なんて考えてしまう人が多いのでは? 現在のようにしょうゆ味のだしで煮込むスタイルになったのは江戸時代からと言われているおでん——。寒い時期の定番料理として日本全国で長きにわたって愛されてきただけに、具材の種類も実にさまざまです。最近ではトマトや餃子などの変わり種も人気があるようですが、多く人が「これだけは外せない」と考えているのはどんな具材なのでしょうか?

 最も多くの人が「おでんにはこれが入ってないと!」と考えたのは、《だいこん》でした。消費量世界一と言われるほど《だいこん》好きの日本人ですが、寒い時期の食べ方といえば、やはりおでんが一番。脇役扱いされることが多い《だいこん》も、おでんとなれば話は別です。さまざまな具材のうまみをたっぷりと吸い込んだアツアツの《だいこん》は、まさに主役級の貫録——。外でおでんを食べる場合にも、まず《だいこん》を頼んでお店の実力を測る人もいるそうです。

 続く2位には《たまご》が選ばれました。《たまご》と一口に言っても、おでんにおける調理方法はさまざま。「ゆでて殻をむいたものを煮込む」「ゆでた殻つきのものを煮込む」「生卵の状態から煮込む」など、地域やお店によって異なるようです。殻つきのまま煮込んだものはあまり見かけることがありませんが、この調理方法には白身の外側が固くなるのを防ぎ、白身のプリプリ感と黄身のホクホク感を残す効果があるのだとか。

 3位は《餅入り巾着》。ぎんなんや野菜などを中に入れることもありますが、定番はやっぱりお餅。柔らかな食感のお餅とだしのしみこんだ巾着は「これ以上ない!」というほど抜群の組み合わせで、おなかも舌も満足させてくれることまちがいなしです。NHK教育のアニメ 『おでんくん』では、《だいこん》や《たまご》を押しのけて《餅入り巾着》が主役を務めていますが、《餅入り巾着》好きなら「それも当然!」といったところでしょうか。

 このほかにも《ロールキャベツ》や《あらびきソーセージ》、《ツブ貝》など、バラエティに富んだ具材が登場した今回のランキング。まだ一度もおでんに使ったことがない具材があるという方は、今夜あたり試してみては?