世界には、おいしいけれど臭い食べ物やとにかくクセがあり過ぎて好みが分かれる食べ物など、色々な食材があります。気になるけど自分で食べるのはちょっと……という食べ物の中で人が食べている反応を見てみたい食材を聞いたところ、1位は《ドリアン》という結果になりました。甘みが強く 「果物の王様」と呼ばれる《ドリアン》ですが、その強烈なにおいに好き嫌いが分かれる果物。そのにおいのために飛行機への持ち込みは禁止されているほどで、ホテルなどでも《ドリアン》の持ち込みが禁止されているところもあるとか。

 2位は 「人類で最初に食べた人を尊敬したい食べ物ランキング」で1位になった《くさや》。こちらもにおいがきつく、 伊豆諸島の特産品として有名な魚の干物。新鮮な魚を「くさや液」に浸け、天日干しにするそうですが、この「くさや液」は熟成するのに時間がかかり、《くさや》の生産地では代々受け継がれるものだとか。3位は《シュールストレミング》。 「世界一臭い缶詰」の異名を持つ、スウェーデン原産のニシンの塩漬けの缶詰。発酵ガスで破裂する危険があるため空輸ができず、日本での入手は難しいことでも有名です。4位は、豆腐で作られ、中国や台湾、香港などで食べられている《臭豆腐》。名前からもわかるように、強烈なにおいを発する食べ物だそう。同じく中国で食べられている、5位の《腐乳》もあまり聞きなれない食べ物ですが、豆腐に麹をつけ塩水中で発酵させた食品で、8位の《豆腐よう》のルーツになっているともいわれる食品です。