旅行の時のお楽しみといえばご当地の名産・特産品というのがお決まりでしたが、最近ではゆる〜いデザインが特徴の 「ご当地マスコットキャラクター」もその1つ。滋賀県・ 彦根城の築城400年を記念して誕生した《ひこにゃん》のヒットを機に、全国各地で「ゆるキャラ」人口が急増しているもようです。

 そんなゆるキャラの中で最も多くの人が「これはゆるい!」と思ったのが、奈良県の 平城遷都1300年記念事業協会事業協会が発案した《せんとくん》。彫刻家・ 藪内佐斗司のデザインによるこのゆるキャラは、「シカの角を生やした童子」という独特の風貌で、発表されるやいなや全国的な人気を獲得しました。「ゆるい」というよりも「キモかわいい」という声が多いようですが、着ぐるみもすでに登場し、各地のイベントに引っ張りだこだそうです。

 《せんとくん》に負けず劣らずの人気を集めたのが、 さっぽろテレビ塔を運営する 北海道観光事業のマスコットキャラクター《テレビ父さん》。ゆるキャラブームの先駆けともいうべきキャラクターで、口ヒゲを生やし、さっぽろテレビ塔と同じ赤いタワー型のボディをしているのが特徴です。多くの人がさっぽろテレビ塔の公式なマスコットキャラクターと思っているようですが、実は 「タワッキー」という公式キャラクターが別に存在するのだとか。

 4位の《ハンタマくん》、8位の《おいでナスくん》と2つのゆるキャラを上位に送り込んだのは栃木県。《ハンタマくん》はレジャー施設 「ハンターマウンテン塩原」のマスコットキャラクターで、ゆでたまごを半分に割った形のユニークなデザインが魅力です。《おいでナスくん》は 「那須どうぶつ王国」に棲む謎の生き物という設定で、その名のとおりナスの形をしています。

 このほかにも「そのまま過ぎる」ネーミングで話題を集めた《とつか再開発くん》や、《せんとくん》に匹敵するキモかわ系の《801ちゃん》など、強烈なゆるキャラたちが顔をそろえましたが、ゆるキャラ未開の地が数多く残されていることを考えると、次回の顔ぶれも非常に多彩なものになりそうですね。