晩婚化が進み、『「婚活」時代』がベストセラーになるなどなかなか結婚しない人が増えたといわれる昨今。厚生労働省の 「人口動態統計」によると、1990年の平均初婚年齢は、男性が28.4歳で女性が25.9歳でしたが、2007年では男性が30.1歳で女性が28.3歳と上昇しており、統計上も年々晩婚化が進んでいます。とはいえ、友人の結婚式に出席すれば「自分もいつかは……」と結婚式に憧れを抱く人も多いのでは? 今回はズバリ「憧れの結婚式スタイル」を聞いたところ、《海外リゾートウエディング》と《家族だけをよんで少人数ウエディング》が人気を集める結果となりました。

 1位は《海外リゾートウエディング》。白い砂浜と青い海が見渡せる教会や森の緑が美しい教会など大自然に囲まれた場所で愛を誓う……そんな結婚式に憧れる人はやっぱり多いようです。2位は《家族だけをよんで少人数ウエディング》。晩婚化も進み、自分のこだわりが確立された世代同士の結婚も増えたことから、近年はますます結婚式のスタイルも多様化しています。かつてのように親族や会社の上司や同僚などを招き、参加者が多く豪華なだけの結婚式ではなく、新郎新婦がゲストをもてなす結婚式のスタイルが増えてきました。今回のランキングでも《家族だけをよんで少人数ウエディング》や《友人だけをよんで、気軽な少人数ウエディング》が上位にランク・インしており、「本当に自分たちの結婚を祝ってほしい人を招いて、参加者みんなに満足してもらえる式をしたい」と考える人が増えていることがわかります。

 結婚式は、生涯の中でも自分が主役になれる貴重なイベント。こだわりの結婚式に憧れている人は、ランキングをチェックして自分らしい結婚式のスタイルを考えてみては?