ビジネスパーソンにとって、長い時間を過ごす職場で上司や部下との人間関係を良好に保つことは、仕事を円滑に進めるための大事なポイント。しかし、困った上司や部下に手を焼くこともあるのでは? そこで今回は、部下に焦点を当てて「正直、こんな部下は困る!」と言いたくなる態度について聞いたところ、《遅刻・欠勤が多い》が1位に。続いて《挨拶をしない》、《責任感がない》がランク・インする結果になりました。

 1位は《遅刻・欠勤が多い》。特別な理由がない突発的な《遅刻・欠勤が多い》部下がいると、社内の業務に支障をきたすのはもちろん、場合によっては客先に迷惑をかけたり、信用を失ったりと、会社としてダメージを受けることも。上司としては《遅刻・欠勤が多》く《責任感がない》部下を持つと苦労しそうですが、そんな部下を持ってしまったら、きちんとした指導をする必要がありそうです。2位は《挨拶をしない》。 「新入社員に最低限満たして欲しい条件ランキング」で《挨拶ができる》が1位になったように、社会人として挨拶ができるのは最低条件と考える人は多いようですが、実際には挨拶ができない新人がいたり、気持のよい挨拶ができていなかったりする職場というのは案外多いのかもしれません。

 男女別の結果を見ると、 女性のランキングで圏外となった《言いにくいことは全てメール連絡で済ます》が 男性のランキングでは20位にランク・インしており、男性のランキングで圏外となった《すぐに泣く》が女性のランキングでは17位に入る結果となりました。自分ではちゃんとしているつもりでもはたからみたら「まだまだ」と思われていることもあるので、社会人歴が浅い部下の立場の人はもちろん、上司の立場にある人も、今一度自分の行動をチェックしてみてはいかがですか?