入社からそろそろ半年。社会人生活にもだいぶ慣れたけれど、学生時代を懐かしく思い出している人も多いのでは? 社会人の責任は、学生時代のアルバイトとはくらべものにならず、ほかにも様々な重圧がのしかかってきます。でも一方では社会的信用が得られ、ある程度の自由が利くようになり行動範囲も広がります。「社会人になるまで経験したことがなかったことランキング」では、社会人1年生の方々のために、社会に出てから初めて経験した事柄について聞いてみました。

 1位と2位には、《クレジットカードを使う》《ローンを組む》がランク・イン。社会人ともなれば出費の種類もずいぶん広がります。そのせいか、お金に関することが上位を占める結果となりました。 クレジットカードは、国内外のショッピングに加え公共料金の支払いなど、工夫次第で色々な使い方が可能です。また、分割払いを利用することで今まで手が届かなかったものが買えるようになります。お金への接し方は、社会人としての意識が試されるところです。ついつい誘惑に負けてしまうこともありますが、使いすぎにはくれぐれもご注意を。

 3位と4位には、《飛行機でビジネスクラスに乗る》《海外に出かける》という結果が並びました。給料やボーナスでめでたく海外旅行デビュー、という方も多いようです。また、海外旅行は経験済みでも、 エコノミークラス専門の貧乏旅行からリッチな旅行が可能となるのも、金銭的余裕のある社会人の醍醐味でしょう。5位には《一人暮らしをする》がランク・イン。仕事の都合や自らの意志など、実家を離れる理由は様々でしょうが、社会に出ることが新しい生活を築くきっかけになることは多いようです。

 “初心忘れるべからず”といいますが、社会人生活が長く刺激が足りないなんていう方も、ランキングを見て、初々しかった頃を思い出してみては?