東北地方の最も南に位置し、北海道、岩手県に次いで全国第3位の面積をもつ福島県。《喜多方ラーメン》や《猪苗代湖》など全国的に有名な名産、名所を抑えて1位となったのは《磐梯山》でした。

 日本百名山のひとつで、《猪苗代湖》の北に位置する《磐梯山》。 「表磐梯」と 「裏磐梯」で違った顔を見せるこの山は活火山でもあり、1888年には大規模な水蒸気爆発が起こりました。磐梯山を走る 「磐梯山ゴールドライン」は爆裂火口の絶壁を眺められることもあり、バイク・ツーリングに人気の道路です。3位の《白虎隊》は、 戊辰戦争勃発後に会津藩で結成された、10代の武家男子で構成された部隊。旧幕府軍側として戦った会津藩は《会津若松城(鶴ヶ城)》を死守するべく新政府軍と戦いましたが、その戦力の差は著しく、戦況は不利な状況を極めたそう。そのような中で投入された少年兵《白虎隊》は、《飯盛山》にて切腹自害しその命を落とすという悲しい運命をたどりました。時代に翻弄された若者たちの悲劇はドラマとしても度々放映されており、多くの人の印象に残っているようです。

 自然美に触れるもよし、歴史ロマンに触れるもよし、またおいしい《喜多方ラーメン》に舌鼓をうつのもよし。次の旅行先候補に、福島県はいかがですか?